So-net無料ブログ作成

山本病院元理事長ら逮捕へ=肝腫瘍摘出で患者死亡−業過致死容疑・奈良県警(時事通信)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)で2006年、肝腫瘍(しゅよう)の手術中に患者が死亡した事件で、県警捜査1課などは6日、不十分な態勢下での手術を避ける注意義務を怠ったなどとして、元理事長山本文夫被告(52)=兵庫県西宮市甲東園=と主治医(54)=大阪府藤井寺市藤ケ丘=を任意同行した。業務上過失致死容疑で取り調べ、容疑が固まり次第逮捕する。
 捜査関係者によると、山本被告らは06年6月、入院中の男性=当時(51)=に肝腫瘍の摘出手術を実施。専門医など十分な人員配置や、輸血の準備をしないで執刀し、肝静脈を傷つけ出血多量で男性を死なせた疑いが持たれている。
 山本被告と主治医は心臓外科が専門で、肝腫瘍の摘出手術は未経験だった。同課は男性の腫瘍が「良性」で、手術は不要だったとしている。 

【関連ニュース】
ビジネス誌通じ投資募る=無登録勧誘のカレー会社
「週刊ゴング」の出版社が破産
山本病院元理事長を保釈=診療報酬不正受給
「浅井」社長に有罪=事故米不正転売
山本病院元理事長に実刑=診療報酬不正受給

<名古屋食肉公社>「食肉市場」との統合検討案、市長に提出(毎日新聞)
保釈の石川知裕被告、無言で一礼(産経新聞)
平野官房長官 個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)
予算案の審議入りできず=個所付け通知で紛糾−衆院委(時事通信)
2分40秒の早業、宝石店から貴金属300点盗む(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。